編集こぼれ話

タイスポットの編集を行うにあたって、取材で感じた事や面白いこぼれ話を随時、紹介します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒込タイ料理教室

 先週に続き、駒込でタイ料理教室を開催致しました。
場所は同じでも生徒さんは、ほぼ入れ替わり状態。
講師に生徒さんが付いている感じですね。
参加者は12名でした。

 お二人の方が5ポイント貯まり、景品をゲットしています。
それぞれ1等(無料招待券)と2等と、引きの強い処を見せつけられました。
おめでとうございます!

 今回のメニューは、生徒さんのご希望により、ソムタムを中心にガイヤーン、カオニャオ(もち米)とイサーン風。

  1.ソムタム(青パパイアのサラダ)
  2.ガイヤーン・サムンプライ(東北地方の鶏肉のハーブグリル)
  3.ローッチョン・シンガポール(タイのココナッツ葛きり)
  4.タイもち米
  5.ブレンドハーブティー

いつも通り、講師が料理の説明と材料の説明をしながら、サンプルを手際良く作ります。

熱心にメモを取る生徒さん
P1000242.jpg


ソムタムはソムタムタイとイサーン風の2種類作りました。

美味しそうなサンプル
P1000268.jpg


レシピを片手に生徒さんも料理作り開始です。
ソムタムを叩く音で、腕の良し悪しがわかってしまうとか!?

ソムタムを作る生徒さん
P1000258.jpg


ソムタムは袋に入れて叩いても出来るようです。

袋に入れて叩く生徒さん
P1000255.jpg


 さて、お待ちかねの食事タイ~ム。
今日のハーブティ?はマトウーンという蓮のような物を煮出して作りました。
珍しい味でしたね。
ソムタムタイは、レストランでも出てくる代表的な味わいでした。
イサーン風はスッキリしてるけど、辛味が強い感じでした。
ガイヤーンにかかっているタレがかなり美味しく、肉にしみ込んでましたね。
焼き上がりもちょうど良かったです。
デザートの葛きりは、ココナッツミルクを入れ、氷を最後に浮かべます。
イサーン料理と抜群に相性が良いように思いました。

 料理教室が終わると、和室に移動し、タイ語教室に早や変わり。
和室は結構広めで、40人ぐらいは収容できそう。
生徒さんは5人でした。

タイ語は難しい?
P1000271.jpg


旅行者が良く使う会話を中心に反復練習しながら丁寧に教えていましたね。
これで500円は超お得では?
熱心な余り、予定時間もかなりオーバーしてしまったほど。

良い雰囲気の教室
P1000269.jpg


次回の駒込教室は6月9日(土)です。
是非、料理と語学両方にチャレンジして下さい。
詳細はこちらを
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

タイスポ編集部

Author:タイスポ編集部
タイスポ編集こぼれ話にようこそ!
ここだけの話をそっとご紹介します。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。