編集こぼれ話

タイスポットの編集を行うにあたって、取材で感じた事や面白いこぼれ話を随時、紹介します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷タイ料理教室

 12/7(日)にポケットキッチン渋谷教室で、4度目となるタイ料理教室を開催致しました。
今年最後の料理教室とあってメニューも充実していました。

●メニュー
 1、タイスキ
  (タイスキのタレを一から作っていきます。
  タイスキ具材はエビ団子・イカ団子・ワンタン・カニ・野菜類などその他盛りだくさん)
 2、カオマンガイ
  (鶏丸ごとを茹でて仕上げます。茹で汁はタイスキで使います。)
 3、鳥唐揚げ
  カピを使ったリクエスト料理
 4、シンハービール(一人2本)

 通常ですと、まずは講師がサンプルを作り、ポイントを教える手法をとっています。
しかし、「今日はタイスキという事で、食べる時間を増やしたい。」との方針です。
最初にポイントを説明し、一緒に作りながら、さらにポイントをチェックする方法になりました。

料理のポイントを説明する講師
P1020562.jpg

水に浸した鶏肉
P1020568.jpg
こうする事で、身が柔らかく仕上がるそうです。

左はタイスキのタレ、右はカオマンガイのタレ
P1020571.jpg

 タイスキのタレは、講師がこの味にたどり着くのに2年程かかったそうです。
秘伝中の秘伝という事で、レシピは門外不出となりました。
確かに今まで味わった事のないタレでしたね。

タイ風唐揚げ
P1020573.jpg

スパイスの効いた唐揚げの出来上がり
P1020582.jpg

バッチリ冷えたシンハービール
P1020576.jpg

ボリュームたっぷりのタイスキ
P1020578.jpg
鍋の向こうには、貝、蟹、豆腐、春雨、クイッテアオ、ワンタンなどが勢ぞろいしてますぞ。

 料理が出来れたら、シンハービールで乾杯!
冷えたシンハービールが喉に心地良~い。
続いて、鍋に蟹、貝を入れてダシを取ります。
後は、思い思いの食材を個人専用の小さな金網に入れ、湯通しします。

何とも上品な専用金網
P1020579.jpg

 鍋といえば、具材を順番(火の通りやすい)に入れておく物と思っていましたが、個人専用の金網で好きな具材を仕上げる方式は初めて。
何とも上品で、頃合いも自分の好みで出来るので、良いです。
但し、ちょっと面倒なのが、たまに傷か。
イカのすり身も海老のすり身も他の具材と混ぜていないので、食材の旨味がよくわかります。
秘伝のタレが、食材の美味さを引き立ててくれます。
タレの味は辛口で、ピリッときます。
シンハービールによく合ってましたね。

 唐揚げは、カピを使っており、一味も二味も違った唐揚げになってました。
皆さん「美味しい」を連発してアッという間に売り切れ寸前。
写真は、山盛りあった物が残り少なくなり、慌てて写真に収めた次第。

 仕上げはカオマンガイでした。
柔らかく仕上がった鶏肉とゆで汁で炊いたご飯、さらに特製タレのバランスが素晴らしい!
タイスキで一杯だったはずの胃にすいすい入っていきました。
写真を忘れたのが痛い!
参加者全員、大満足の内容でした。

来年も引き続き、渋谷タイ料理教室を続けていく予定です。
興味のある方は是非いらして下さい。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

タイスポ編集部

Author:タイスポ編集部
タイスポ編集こぼれ話にようこそ!
ここだけの話をそっとご紹介します。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。