編集こぼれ話

タイスポットの編集を行うにあたって、取材で感じた事や面白いこぼれ話を随時、紹介します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月はワンロップ選手を特集しました。

 今月の特集は、ムエタイの世界王者ワンロップ・ウィラサクレック選手を取り上げてみました。
3月にサイトの企画で、ムエタイジムの体験・見学を行いました。
その際、ちょっとした不手際があり、ジムのコーチが不在でした。
このピンチに急遽、バイクにまたがり月光仮面(古い?)のように駆けつけて下さったのがワンロップ選手だったのです。
詳細は こちらを 参照して下さい。
そんな縁があり、ワンロップ選手を応援する事になりました。

 その後、試合も何度か観に出掛けました。
試合の時の形相と普段ジムで見せる姿のギャップがあり過ぎて、時々戸惑う程です。
強いのに腰が低く、全く威張る素振りさえ見せません。
ジムで一度、相撲を取ってみました。
軽量なのに足腰がしかっかりしていて、投げ技は、まるで効果がありません。
逆に10kg以上重い筆者が、何度か転がされる場面もあった程です。
現役選手の筋肉の付き方にも驚かされました。

 今回、取材を行う上で、ネットで情報を集めました。
ところが、有力な情報は乏しく、Wikipediaでさえ氏名が掲載されているだけでした。
他の選手の掲載情報を元に質問を60ほど、予め用意して取材にのぞみました。
取材は、7月4日(土)に西川口ジムで1問1答形式で行いました。
筆者のタイ語は挨拶程度、ワンロップ選手は、かなり日本語を理解していますが、時々怪しくなる。(笑)
そんな危なっかしいインタビューでしたが、時には身振り手振りで何とか消化。
途中からは、通訳役の方が来て、スムーズに行きました。
普段通り、人懐こい笑顔で対応してもらいました。
ありがとうございます。

 今後も微力ながら応援していきたいと思います。
ワンロップファンの方、一緒に応援しませんか?
ワンロップ応援団を結成したいですね(笑)

余談
 取材日には、数人の方にジムの見学も呼び掛けた。
すると8名ほど集まった。
ジムの練習生は70人余りいるとの事ですが、翌日アマチュア大会と言う事で、練習生より見学者の方が多くなってしまった。
しかし、プロとして活躍されている方やフィットネスとして参加されている方(女性)もいて、有意義な見学となりました。
タイに興味がある人が、ムエタイを。
格闘技に興味がある人がムエタイを通じてタイに、それぞれ興味を持って下さるきっかけになれば良いと思います。
どれもタイの文化ですから・・・。
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

タイスポ編集部

Author:タイスポ編集部
タイスポ編集こぼれ話にようこそ!
ここだけの話をそっとご紹介します。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。